女性

精神的な病の色々

カウンセリング

誰にでも起こりうる病

現代社会は様々な面で生活も便利になり、そして豊かになりました。しかし一方で、現代において多く発症している病があることも事実です。病と一言でいっても様々な種類がありますが、現代で増え続けているものの中に精神的な病が挙げられます。精神的病にも色々ありますが、代表的なものとしてうつ病があります。うつ病の発症にも様々な理由があり、状況や事象は様々です。便利な世の中になった為にデジタル社会になり、携帯電話の普及率も大幅に上がりましたが、それが逆に様々な場面で様々な形のストレスを発症させている場合があります。携帯電話でのメールやインターネットでの投稿等を元に、苦痛を与えるような行動や言動を発するといった例もあります。会社での仕事の失敗を元に、上司に叱責されることもあります。また、近隣住民とのトラブルや、家族間のトラブル等での発症もあります。おおよそのうつ病患者の症状には特徴があり、まずは発症しやすい人がいるということです。基本的には、真面目、責任感の強い人、内向的などの特徴が挙げられます。これらのタイプの人にはある程度の共通点があり、自身でトラブルや問題を解決しようとする傾向があります。大きなトラブルや問題を抱えると、自身だけでは解決できず、精神的に追い詰められるという理由が大半の発症原因でしょう。そして発症する特徴もあり、様々な症状が現れます。不眠、食欲低下、疲労感、集中力低下等が代表的な症状です。そして大きな点は、自身ではなかなか気がつかないというところも大きな点です。発症していること自体に気がつかない方が多く、次第に症状が悪化していくという面があります。一度発症するとなかなか治療も難しく、時間がかかる点もやっかいなところです。精神科を受診して通院治療や薬の投与を繰り返しながら治療に専念することも大切ですが、一番大切なことは普段の私生活から治療を心がけることがなにより大切です。そして、周りの人間のサポートも重要であるということを覚えて頂きたいところです。うつ病は精神的なストレスから発症する為、対人関係や周りの人間のサポート、支えが非常に大切であり重要であります。そして発症する前に自身でチェックすることも予防の面では必要でしょう。そしてもう一つ述べておきたいことは、最近では新たなタイプのうつ病があるということです。新型とも言われておりますが、女性に多く喜怒哀楽が極端であることが特徴です。特徴は先に述べたようなところと共通する面もありますが、逆の面も備えています。新型の多くは女性と記述しましたが、男性にも発症する可能性はあり、老若男女問わず誰にでも起こりうる病だということを認識して頂きたいところです。時間に追われ、対人関係が非常に難しい今、誰しもがストレスを抱えて生きています。そうした世の中である為に発症する人が増えているということは事実でしょう。日常の中で、ふとした瞬間に少しだけ息抜きを心がけることは非常に大切です。そして、周りにはたくさんの人間がいる、たくさん相談できる人がいる、という気持ちを持って少しでもストレスを軽減できるよう行動していきたいものです。そういう気持ちが一番うつ病の予防となるでしょう。