女性

こんな症状は病院へ

男性

最近何だか体調が悪い、気分が落ち込みやすいなど、自分でも少しおかしいと気付いたら、もしかするとそれはうつ病のサインかもしれません。うつ病は誰にでも起こりうる病気です。まさか自分がという人でも、うつ病になってしまう可能性もあります。うつ病は心と体の病気です。症状としては眠れない、食欲が出ない、体がだるい、気分が落ち込むなど様々な症状が出てしまいます。その為、最初はなかなか自分がうつ病だということに気付きにくい病気です。この場合、体調が悪いからと最初に内科に行く人も多くなっています。まさかその症状が心の病気から来ているとは気付かないのではないでしょう。うつ病の原因は今だにはっきりとしたことは分かっていません。しかし、脳の働きが何らかの原因でにぶくなってしまったことにあるとされています。また、原因は一つでは無く、ストレスや環境の変化、人間関係の悪化など様々な要因が重なり発症してしまう場合があります。真面目な人がなりやすいとも言われており、このような症状や環境が当てはまる人は体調の悪さはうつ病が原因で起きてしまっている可能性もあるでしょう。このような症状が出ており、内科など病院に行っても解決にならないという人は、一度専門の病院に行くことをお勧めします。そこで気になるのが、何科に行けば良いのかということですが、この場合精神科または心療内科がお勧めです。精神科は様々な心の病気に対応している心の専門家です。専門的な観点から、総合的なプログラムで心の問題解決に取り組んでいます。また、心療内科では心身症をメインに治療を行っていますが、心に問題がある場合、体にも何らかの症状が出てしまう場合もある為、心療内科でも治療を行ってくれるでしょう。最近気分が優れない、内科に行っても全然改善されないなどの症状はありませんか。このような症状がある場合、そのまま放置してしまってはどんどん悪化してしまう可能性もあるので、注意が必要です。きちんと適切な心のケアをしなければ、そのままの状態が続いてしまう可能性があるので、きちんと治療を受ける必要があるでしょう。しかし、精神科や心療内科といっても病院が色々あるので、その選び方が大切になります。やはりせっかく通うのですから、自分に合っている病院を選ぶことが大切です。ではどのように病院を選んでいけば良いのでしょうか。まず選ぶ際は、自分の家や職場などから通いやすいところを選ぶことが大切です。良さそうな病院があるからと遠方の病院を選んでしまうと、通うのが大変で、治療途中に通うのを止めてしまったということになりかねません。心の問題の場合、長期的な治療になる場合もあるので、出来るだけ通いやすいところを選んでいた方が続けやすくなります。また、実際に通ってみて、先生との相性もあるでしょう。やはり先生によってもそれぞれタイプが異なります。またそのタイプによっても自分に合う合わないが出て来るのでは無いでしょうか。せっかく精神科や心療内科に通っているのに、先生が嫌でストレスが溜まるようでは意味がありません。その為、通う場合は先生とのフィーリングも大切にしましょう。うつ病を軽く考えていると、さらに重い症状に発展してしまう可能性もあります。最近ストレスが溜まっている、だるさが治らないなど気になることがあれば、精神科や心療内科に行ってみるのも一つの手です。心の病気の専門家がきちんと様々な角度からアプローチをしてくれ、解決へと導いてくれるので、一歩踏み出す勇気を大切にしてみましょう。